夏と私と庭球

私は一度、死にました。気付けば、赤ちゃんの私。此処、何処でしょうか。

風月 宵

7分 (3,869文字)

103 6

あらすじ

『私は一度、死にました。気付けば、私は赤ん坊。 そして私は、偶然なんて無いのだと、全ては必然であるのだと知りました。そう、全ては定められているのです。』 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品