めらんこり~でいず

曲がり角でぶつかったのは、ナイフを持ったスーツ姿の女性でした。

神ノ木真一

24分 (14,380文字)

164 397

あらすじ

巫 恭(かんなぎ きょう)は阿僧祇高校に通う三年生だ。 彼の父親は世界を代表する貿易会社、巫コンツェルンの社長である。 その事や彼の生まれもっての不運のせいで、誘拐などの警察沙汰に巻き込まれる

タグ

感想・レビュー 22

サクサクと読める文と分かり易いストーリーに引き込まれました(^O^) 今の所、キャラのブレも感じないし、個性があっていいと思います。 特に、巻き込まれ型と思われる主人公の周りに、それを引き立て
ネタバレあり
1件
キャラ作りをもっとよく練ったほうがよいかと。 それから小説を書くにあたって三点リーダー ・・・・・・ や、!、?、のあとの スペース入力など 言葉の正確な意味をよく知ればもっとよくなると思いま
ネタバレあり
さくりさくりと早く物語が進む上に読みやすいので、一気に読めました! こういうジャンルの小説はあまり読まないのですが、面白いと思います!頑張ってください!
もっと見る

この作者の作品