闇夜の朧月

ー闇夜の朧月に、鮮血はほとばしる

桐壺

5分 (2,867文字)

1 12

あらすじ

青年は、薄暗い森のなか、獣と対峙する。 後には、獣の死骸とおびただしい鮮血が映るばかり。青年は何を思う。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 所謂、魔法の世界というものに憧れ、筆を走らせてみました。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品