VWR―――始まりのまち―――

少年は偽物に恋をした

銀色死神

42分 (24,818文字)

4 8

あらすじ

今から何年経ったか分からない時代。 人類は偽物を作り、そこに余剰な人間を突っ込んだ。 その数十年後、ある少年が偽物に飛び込む。

感想・レビュー 1

世界観は中々面白いと思う 従来の剣と魔法世界にレースとは奇抜なアイデアだと感じる 描写に関しても特に見当たる問題点は僕からは無いと思う 唯一の難点はやはり予備知識が必要な事かな‥‥その辺りは萌え要

この作者の作品