雨夜の月

一人の女が語った夢物語。それは少女と彼等の明日を照らす道しるべ──────

紅桜

歴史・時代 休載中
1時間53分 (67,496文字)

457 141

あらすじ

      アマヨ ノ ツキ      【雨夜の月】   [そこに存在するのに見えぬ物] 幼き頃、母から聞いた物語 おまじないのように 繰り返し、何度も…何度も───。 十歳

感想・レビュー 2

タイトルの美しさに惹かれ、説明文で興味を持ちました。 読み始めたら止まらず、更新されているページを一気に読んでしまいました。 主人公は可愛いし、登場人物は魅力的だしで、どんどん先が読みたくなります。
1件
謎も多く、これからどんなふうに皆と関わって、史実が変わっていくのか楽しみにです。 掛け合いがおもしろすぎます!! 更新楽しみにしてますね(^-^)

この作者の作品