眠り姫に危険な口づけを

「ガキじゃねえんだよ」少女のまま時が止まったあたしに、君は“男”を教えてきた。

17 5

恋愛 休載中
13分 (7,757文字)

あらすじ

 寝覚めたとき、あたしは17歳で。  眠る前は、確か中一の六月…。  目の前には、大好きな圭(けい)が。  「もう、ガキじゃねえんだよ」  唇が近づいてきて、  「…お前も、俺もな」  #

シチュエーション

タグは登録されていません

その他のキーワード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2012/10/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る