イーゼルの向こう側で死神は笑う

死神は何と言っても描画を好むのだと、僕は初めて知った。

碧河 雀

3時間26分 (123,528文字)

107 1,407

あらすじ

高校二年生の五月のことだった。 トオルはあるきっかけで交通事故に遭い、その命を落としてしまった。 しかし、彼は死ななかった。 死んだ先でトオルは絵の大好きな死神に出会い、彼女と契約をすることになる

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品