勿忘草の詩

彼女の生きる幕末は、苦くて、厳しくて…清らかな愛に満ちていた。

うたかた

歴史・時代 休載中
56分 (33,599文字)

113 37

あらすじ

父の残した``生きがい'' [葡萄]、[椿]、[勿忘草] …そして、深紅のストラトキャスター。 消えた親友の謎 ―――マコ、今までありがと。 何があっても、ずっと マコの親友だから―――――

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品