静かな湖畔の森の陰から

自殺の名所の森で少女は感情のタブーを語るひねくれた変人に出会った。

隻眼の猫

1時間13分 (43,597文字)

23 321

あらすじ

恋愛、青春、宗教、病、自殺、差別、イジメ、犯罪、殺人etc… 誰もが何となく理解し肯定や否定するもの。 深く語ることは暗黙のタブー。 形がないものなのに尊く扱われる物や感情。 「死」に一番近い

感想・レビュー 4

『いい人』に省略された言葉・・・のくだりを読んで、ドキリとしました。 コウの台詞が、ぐさりと胸に刺さる。でもそれが、心地良い痛みだったりもします。 更新楽しみにお待ちしています!
1件1件
読んでて、凄く続きが知りたいと思いました。 まだ、40ページですが、いじめというセンシティブな問題を取り上げる中、感情一辺倒な解釈に対する、理論的な解釈の優位性を1つの場面を通して、巧く示している
ネタバレあり
1件1件
デリケートな社会問題に土足で踏み込み「答え」を探す物語「静かな湖畔の森の陰から」第一話は「イジメ」。現在進行中…/_novel_view?w=22321878
もっと見る