鬼角斬-オニノツノキリ-

私には鬼が視える

トモ

1時間50分 (65,542文字)

89 754

あらすじ

鬼が世間一般的に架空の存在だと知ったのは小学生になってから。 それまで、鬼は普通に存在すると思っていた。 なぜなら、私、花澤絵梨香には鬼のツノが視えたから。 だけど、視える自分が普通じゃな

感想・レビュー 4

いま読み終わりました。 着想、登場人物とも魅力的でした。 なんかすごく読み辛かったです。 250ページ程度なのに一気に読めなかったのが残念です。
1件
完結おめでとうございます (*´∀`)! うっかりすっかり一気読みしちゃいました💦面白かったです~! 私も角を早めに切って貰って穏やかに過ごさねば(*´∀`)!
ネタバレあり
1件2件
完結おめでとうございます。 お疲れ様でした。 最初、角が見えるという設定、ワクワクしていました。 最後に人間に戻った桜河くんの初々しい笑顔で終われてよかったです。
ネタバレあり
2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る