光と闇の狭間にて

最強の霊力を持った少年が学園の怪異を解決する御話

言綺 氷露

20分 (11,495文字)

125 22

あらすじ

『天は二物を与えず』 何て言葉が有るが、それは俺に言わせれば、ただの妄言でしかない。 探さなくとも、二つ以上の才能を持っている奴なんざ、ごまんといるし、そうじゃなければ、才色兼備何て言葉も出来

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品