背中合わせのシンメトリー

それは、ここと、背中合わせの世界で、響いた、一発の銃声で始まった…。

ゆきひと

ファンタジー 連載中
11時間1分 (396,177文字)

35 2,438

あらすじ

【こことは、違う、背中合わせの世界で、鳴り響いた一発の銃声が、世界の歯車を壊してしまった…。】 そう、一番始めに、記してある本を、手にした慶太は、首を傾げていた。 なぜ、親父は、これを、誰にも見せ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る