葛原ケ岡に消ゆる身の

後醍醐天皇の御代、執権北条高時の治世、鎌倉幕府の存続は危ぶまれていた…。

8 526

46分 (27,559文字)

あらすじ

前世の記憶を、断片的に持つ、日野俊基の家臣・後藤助光…。 が、牛車の中で気がついた彼に、あの悲劇的な記憶は、まだ甦ってはいなかった。 得宗北条高時の時代。得宗高時をさしおいて、権力を 恣(

シリーズタグ

感想・レビュー 1

文字の表現が多彩です、たくさん本を読んでおられるようですね。 知識も非常に豊富だと感じられました。 私もこんな風に書けたらいいんだろうけど…

その他情報

公開日 2014/8/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る