摂氏100℃の微熱 17

「僕はずっと、雇い主とか使用人とかの垣根なく彼女を一人の女性として見てきました」

野咲あや

恋愛 完結 図書券利用
37分 (22,121文字)

2,169 471

あらすじ

ようやく気持ちが通いあったと思った矢先。 陸はみどりにホテルに呼び出され…。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る