透明の延長線上を走る黒

こわい

1,503 1,112

BL 休載中
1時間6分 (39,130文字)

あらすじ

「…なんだっけ、これ…?」 この言葉、何回目だろう 俺は知らぬ間に何回こんな言葉を繰り返しているんだろう 知っている筈なのに、知らない 幾ら考えても、俺は何も思い出せない、記憶がすっ

感想・レビュー 11

更新お待ちしております
後半から常に泣いてる感じです。干からびます。((
切なすぎる。何度も泣かされました。
もっと見る

その他情報

公開日 2013/10/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る