0には希望を

0には希望を与えるならば、1は何を得るのだろう。

空音

23分 (13,477文字)

7 10

あらすじ

それは噂と共にやってくる。 不審死。 時間停止。 何者でもない者。 一人の青年の周りはその出会いと共に変化する。 「時間停止――そしてその先に」 この作品は私、空音の処女作となっており

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

最後のオチには背筋がゾゾゾ、となりました。 少ないページ数でこの読後感……『見事』の一言です。 とても勉強になりました。 僭越ながら衝動的にレビューさせていただきました。 ありがとうございました。
ネタバレあり
発想もとても面白いですし、文章も分かりやすかったです! ただ、個人的にはもう少し改行がほしいかなぁ…と思いました。
ネタバレあり
2件
発想の勝利とでも言えるのでしょうか、ファンタジーよりミステリーみたいな仕上がりになっているような感じがしてしまいました。少し変えれば電脳ミステリーに、真似てしまいそうです(笑) 中間あたりから読み飛ば
ネタバレあり
1件3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る