ハルカ カナタ

遥、あなたを愛した事さえ忘れてしまった。

呉 透

恋愛 完結
8時間11分 (294,014文字)

2,621 4,760

あらすじ

私は白川 奏多。 彼は青峰 遥。 私たちは恋人だった。 純粋に愛し合っていた。 だけど忘れてしまった。 何もかも。 過ごした日々も。 愛した事さえも。 2014.4.5~2014.10.

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 12

このお話一気に読んじゃいました! そのくらい面白くて、切なくて、色々と考えさせられるというか… 私的に遥が好きだったので、結局そっち選ぶのかーってガッカリした反面、もし私も奏多と同じ状況になったら、奏
ネタバレあり
1件1件
完結お疲れ様でした。 途中突っ込みどころが満載でしたが、後半一気に読んでしまいました。 子どもから大人へ移り変わっていく様がよかったです。 カナタ母の記憶が戻って初めて抱きしめられるのセリフがよかった
4件1件
とても切ないお話しでした あぁ、そうなんだ そっちなんだね、と思ったのも事実です 遥、好きでした でも、隼人も好きでした(笑) 二人とも一途でイイ男ですよね 素敵な作品を読ませていただきあ
ネタバレあり
6件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る