花と雪と砂を操る者

不老不死とは読んで字の如く、老いることもなく死ぬこともない

緋椿

ファンタジー 休載中
2時間5分 (74,486文字)

500 116

あらすじ

ある日学校に遅刻した俺は、その日やる気がなかったため歩いて向かっていた… そんな時後ろから誰かに刺され死んだ… そして目が覚めると白一色の小説で言う神界的なところに来てしまった… 雪砂「取

感想・レビュー 1

いきなりの通り魔レビュー敢行失礼。 小説書くときに、あまりとんとん拍子で進むと読者に飽きられる可能性があるので気をつけてください。
ネタバレあり
1件

この作者の作品