第1話 薫×九条

「お義兄様」 雪のような肌に唯一血の通った唇がはじめて僕をそう呼んだ。

52 224

BL 完結 過激表現 図書券利用
4分 (2,137文字)

あらすじ

「……眠れない」 真夜中。 そう言って 僕の部屋をノックしたのは 「薫くん……?」 予想外の人物だった。 お義兄様 今夜だけ俺のこと 抱いてくれないか――?

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2014/4/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る