ハンド 第4話

出会いが必然ならば、きっと見つけ出せる。

夏也園子

ミステリー 完結 過激表現 図書券利用
20分 (11,879文字)

47 26

あらすじ

――君の手と僕の手は、本当にそっくりだ。 夫・一吹(いぶき)とのすれ違い生活を癒すように、謙介(けんすけ)はナツメの手を握りしめた。 太い指に、分厚い手のひら。 その温もりを、ナツメは手放す決意

シリーズタグ

感想・レビュー 1

ナツメと一吹のやり取りに、心が引き込まれました。 一吹の冷めたセリフや態度。 ナツメはきっと、苦しかったと思います。 感情が揺さぶられる物語と、深い謎に包まれたミステリー。 二つの要素が、絶妙
ネタバレあり
3件

この作者の作品

もっと見る