ハンド 第9話

出会いが必然ならば、きっと見つけ出せる。

夏也園子

ミステリー 完結 過激表現 図書券利用
21分 (12,063文字)

40 27

あらすじ

――君の手と僕の手は、本当にそっくりだ。 夫・一吹(いぶき)とのすれ違い生活を癒すように、謙介(けんすけ)はナツメの手を握りしめた。 太い指に、分厚い手のひら。 その温もりを、ナツメは手放す決

シリーズタグ

感想・レビュー 1

ナツメが、謙介との別れを考えながら愛し合うのが、とってもせつないです。 女性のひとは、先が見えない恋に、虚しさを感じるものなのでしょうか? 必死に謙介を探すナツメですが、二人の思い出の場所は、本当
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る