彼の香りは恋への誘(いざな)い[9]

8歳差は大罪です。

72 320

恋愛 休載中 図書券利用
19分 (11,016文字)

あらすじ

動き出した私の運命。 碧、リュウさん、そして臣―――… 「話があるんだ」 「私はない!」 お願いだから、もう私に構わないで。 執筆*2013.09.12~ 公開*201

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 9

わぁ~リュウさん一途だったんだね((((((゜ロ゜;、軽い人だと思ってました、ごめんなさい(-人-;)(;-人-)。
リュウ何処で会ってた(~。~;)?、やっぱりお客さんの付き合いで店に行って、一目惚れσ(^◇^;)、どうなんだろうね~ヾ(≧∇≦)。
σ(^◇^;)リュウさん本気?遊びやお客と一緒なら許さないよヽ(゚Д゚)ノ、亜稀ちゃんどんな目にあったか知ってるんだから、傷付ける様な事は許しませんよ( -_-)o。
もっと見る

その他情報

公開日 2014/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る