四季刻歌

精霊と人の悲しき物語

ゆきうさぎ

恋愛 休載中
16分 (9,587文字)

18 28

あらすじ

ボカロの曲 四季刻歌を小説にしてみました 世界観を現代にしてみました ファンタジーに近い所もありますが どうぞよろしくです ※初めて書いてるから小説らしくないかも

感想・レビュー 2

冒頭、記号が混ざっている部分があります。 ()と[]ですが、思考する場面で[]になっていました。 後、私的な表現の主張ですが、目覚ましやドアの音を表現する場合に“音”をそのまま表現するよりは文章に内
テンポが良く、軽くて可愛らしい。そんな印象を受けました。しかし、話し言葉を会話以外で使用していたり「、」「。」が無く、文法や言葉の使い方等に違和感を感じます。表紙はとても可愛らしく、素敵だと思いました

この作者の作品