寂しさを誤魔化すのに必要な愛しさ

孤独とは、餓えてる愛を求めてしまうのか

阿木沖十

17分 (9,968文字)

2 2

あらすじ

孤独だからこそ、欲するものがある。 それがどんな形であれ、育つ何かが言動になり浮かんで、それから変わり始めたりするのかな。 愛は哀しみを生む、そんな事だけを体に覚えさせている。 どうして? わか

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る