浅葱の鬼の血

私は彼らのためになら悪にでも鬼にでもそれこそ、何にでもなってやる

甘凜

歴史・時代 休載中
1時間4分 (38,135文字)

54 5

あらすじ

迫害された 絶滅に追いやられた 仲間などいない 人間なんて怨みの対象でしかない。 憎い 憎くて仕方がない けれど、その“怨み”を優しさに変えてくれた。 暖かさをくれた 温もりを

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品