染マレ雪色ニ

冬の公園で出会ったのは白い探偵だった。

ロイスト

1時間14分 (43,926文字)

73 502

あらすじ

エブリスタ大賞ー新潮文庫ー 応募作&初ミステリー作品 12月20日、雪がその町を染めた日に私の彼はどこかへ消えた。 悲しくて、寂しくて、そんな時に貴方は私の前に姿を表した。 『俺が見つけてやるよ

シリーズタグ

感想・レビュー 3

レビュー依頼ありがとうございますm(_ _)m とても読みやすい書き方ですね。すんなり進めます。 難点を挙げるならば、キャラの希薄さと中盤からの置いてきぼり感ですかね…。 彼氏さんのお母さんが
ネタバレあり
1件
40ページまで現在読んでます。 作品紹介メールが先日届きまして、 あくまで私個人的(人それぞれ好みがありますので)な率直に思った感想です。 これからどういう風に進んでいくか(エレベーターに細工した
1件
とても楽しく読みがいのある小説でした! 直接コメントが出来なかったので、このような形でご挨拶致しますm(__)m ファン登録誠にありがとうございます(o≧▽゜)o 嬉しい限りです(o≧▽゜)o
2件

この作者の作品

もっと見る