豊花千華の灰色の人生観

1人の殺人鬼をめぐる物語。

琲原

ミステリー 完結 過激表現
2時間25分 (86,654文字)

26 30

あらすじ

 彼女は空前絶後の連続殺人を続ける殺人鬼だ。何がきっかけで殺人鬼になったのか、どうして殺人を続けるのか、誰も知らない。或いは彼女も含めて。殺人の中に見え隠れする彼女の本質は何を意味するのか。誰も分らな

タグ

感想・レビュー 3

百人斬イベントへのご参加。 誠にありがとうございました。 読了致しましたのでレビューさせて頂きます。 一人の殺人鬼を主人公とし、その生き様や心理を描いた作品。 複数の視点を交え、テンポよく進められて
ネタバレあり
2件
小説読ませていただきました!文章構成がしっかりしていてとても読みやすかったです。 いろいろな視点を用いて、文章を表現しているのも面白いと思いました。特に殺人者の視点は緊迫感があり、よかったです!
1件
行間がしっかり空いて読みやすくなっており、一気に読み進められました。 殺人鬼の思考と行動原理と言うのは案外こういった単純で理由が無いものなのかもしれませんね。 まさに一人の殺人鬼の壮大な物語を締めく
ネタバレあり
6件

この作者の作品

もっと見る