江戸浪漫・時を越えて

高校生の雪江。タイムスリップして電気もコンビニもない江戸時代へ行く。

五十嵐。

18時間45分 (674,492文字)
書き直し中です。ページが飛んでいることもあります

1,303 2,922

あらすじ

21世紀を生きる私たちが突然、江戸時代にタイムスリップしたとしたら、どんなふうに生きていくことができるのか。 電気もガスもない生活。着物も一人で着ることもできない自分に自信喪失。何不自由なく過ごして

シリーズタグ

感想・レビュー 1

進化したタイムスリップ

私はタイムスリップものに目がないというか、色々みてきましたが、この物語のように5人がタイムスリップして、それぞれが違う年代に行き、再び過去で一緒になるという構想は、初めてでした。 選ばれし5人がそれぞ
1件1件

この作者の作品

もっと見る