籠の姫

周りの突き刺さる視線など気にもせず、姫は歩むのだ。蔑んだ瞳を向ける王子の元に。

250 1,040

4時間42分 (168,900文字)

あらすじ

その物語は、私を奮い立たせる。 何故なら、私は望むから。 貴女のような気高さをと。 貴女のような奇跡をと。 貴女のように一輪を咲き誇りたいと。 求められるのは、貞操な淑女だろう。だけど、私

シリーズタグ

感想・レビュー 6

デイル!急いで~
1件
完結おめでとうございます(ノ´∀`*) 今回も素敵なお話をありがとうございました(*≧∀≦*)〆☆☆☆
1件1件
テンション上がって参りました! 明日が、待ちきれない~(ノ´∀`*)
もっと見る

この作者の作品