梅と鴨……花は散るらん

俺達が憧れたあの女(ひと)は燃える炎の恋をしていた

虹彩

2時間12分 (78,643文字)

58 341

あらすじ

時は幕末、文久年。 大きな畝りを見せていた武士の世で、若者たちは、新しい時代と生きる糧を探して京に集まった。 思想と現実、身分と立場、そして男と女。 【沖田と見た夢】のほんの少し前の話。 恋

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る