脅迫フリーキック

透明人間になった僕が見た、脅迫現場

水流 康文

ミステリー 休載中
17分 (9,686文字)

0 0

あらすじ

透明になれるコートを着た僕が向かったのは、日本代表対ブラジル代表のワールドカップ決勝。日本代表の絶好のフリーキックで、まさかのやり取りが行われていた。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品