VEREM--Ⅱ ~祈~

歌え。その想い届くまで。

83 717

灰色泥沼ファンタジー

概要・あらすじ

6時間59分 (250,856文字)
「お前は幸せになっても良い。愛されても良い存在だってことを沢山、沢山教えるから」 青年は花に水を与え続けた。 もはや枯れ行く運命の花でも、青年はただひたすらに水を与え続けた。 周囲に愚かだと言われよ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

すみません。

実は流し読みしていました、すみません。 思ったより(これもすみません…)面白い作品だと思ったので、また最初からちゃんと読み返させていただきます。 いつも応援ありがとうございます。 失礼な読者です

その他情報

公開日 2016/3/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る