天翔る白龍

南北朝時代に現れた幻の九州王国。天翔る龍の如き英雄たちの煌めきを描く。

18 653

歴史・時代 休載中
1時間28分 (52,647文字)

あらすじ

時は南北朝時代。 幼少より戦乱の人生を宿命付けられた皇子と、 戦乱が生んだ憤怒の化身のごとき武士が出会った時、 龍の眠る大地が震撼する。 ◇◆◇◆◇◆ 資料が少ないので史実でない

感想・レビュー 2

今、九州応援!!九州の舞台の作品を募集してます。もしかしたら参加しませんか?
力強い文面に大作の予感を感じます。 更新を楽しみにしています。

その他情報

公開日 2016/3/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る