水素を読めない惑星

巨大な隕石が墜落してきて人類滅亡の危機が何度も訪れる

AKI080

SF 完結 図書券利用
6分 (3,443文字)

0 0

あらすじ

時代の変化とともに技術が向上し、同じ人類滅亡の危機でも人々の受け入れ方が変わっていく。しかし一見すると同じ危機のように思われた出来事が起きてもそれは全く同じ事象ではなく、油断していた人類に更なる緊急事

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る