第14章 透明な力を越えて(前)

時魔導士カメリアが決断したことによりハヤト達の前には様々な試練が降りかかる

AKI080

ファンタジー 完結 図書券利用
16分 (9,339文字)

0 0

あらすじ

不眠不休で自らの任務を全うし続ける時魔導士カメリアは普段の冷静な判断を欠いているように見えた。周囲の者たちが影で訝しくその様子を見守っていたが、その裏でカメリアは大胆な決断をする。その決断こそ後に時魔

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る