一本の桜

桜の季節に現れる少女との出会い

ねこのきもち

16分 (9,356文字)

5 44

あらすじ

少女は桜の咲く季節に現れる。 気まぐれに現れる少女は人と言葉を交わし想いを馳せる。 生と死、出会いと別れ。 少女はいつも1人、散り行く花弁を見ながら人の流れを見て、再び桜が咲くのを待つ。 次に

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

これは、素晴らしかった! 一期一会、運命、巡り合わせ、その全てがしっくりくる作品でした。 人々にとってはいつも同じところで咲いている桜、逆に桜にとってはたくさんの人が目の前にやって来る、同じようで同
ネタバレあり
1件2件

この作者の作品

もっと見る