最後の桜餅

美味そうな桜餅。しかし男は口をつけない

M.M.M

2分 (914文字)

1 4

あらすじ

国枝は目の前に置かれた桜餅を見て柄にもなく風流だと思った。 実に美味そうだ。食べようか、食べまいか。 彼は悩んだが、そっと皿に戻した。その理由は? (約千字の小話です)

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 1

たった1ページなのに深い。 3回読み返しました。

この作者の作品

もっと見る