消えない泡(Foam not to disappear)

現代アートに「ふーん……?」

けい

8分 (4,341文字)

7 71

あらすじ

加筆修正しました m(_ _)m * 快紗瑠さん/_crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5MDkyNmxSeFT5JkhkGlndvjNYHSoQ1の「本フェス展開」参加

感想・レビュー 6

わぁ!凄く素敵な作品ですねぇ! もちろん、けいさんの小説も大変素敵ですし、作品中に登場する友次さんのアート作品もめちゃめちゃ素敵です! そのアート作品は単にアーティストの芸術表現の枠を越えた、深いメ
ネタバレあり
1件1件
人には心がある。心あってこその人だ。言い換えれば、心がなければ人ではない。それは単なるゴミだろう。心ない人がポイ捨てするという。要するに、ポイ捨てする奴自身がゴミなのだ。 捨てられたゴミを食べたウミガ
ネタバレあり
1件3件
とてもメッセージ性の強いお話でした。 お題の一つでもある、汚いという認識の物を綺麗に見せる、という縛りを、完璧にクリアしているにもかかわらず、それがきれいに見えてしまうという事が、とても物悲しく思え
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2017/4/3