瓶詰めの魚 1

ぼくが星に祈ったある願い

4 72

33分 (19,667文字)

あらすじ

少女は辛い過去と決別し、現在の母親である董子や児童相談所の山瀬らの力を借り、ようやく「普通」の生活を手に入れたはずだった。しかし、彼女の心からあの小さな部屋は消えたわけではなく、かつての継父「イガラシ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る