ハザマ古書店

偶然見つけた小さな古本屋。そこであたしは――

雪鳴 月彦 新作準備中・次はミステリ

ホラー 完結
16分 (9,442文字)

14 39

あらすじ

こちらは妄想コンテスト参加作品です。 初夏の夕暮れ。 あたしは見慣れぬ古書店を見つけて足を踏み入れた。 見たこともない書物が並ぶその店の奥には、破ってはいけないルールがあり……。

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません