短編小話

作者が過去に見聞きした不思議な話を書いていきます。

37 255

59分 (34,905文字)

あらすじ

私、雪鳴には霊感がありません。 にも関わらず、毎年必ず一度は不思議な体験をしてしまいます。 そして、何故かそれは家族や周りの人間にも当てはまることでして。 これは、作者が過去に体験した出来事

サブジャンル

タグは登録されていません

その他のキーワード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2015/5/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

歌舞伎町の華

ノンフィクション 連載中 過激表現
29分 (17,384文字)
もっと見る