特集

邪教鬼眼

雲隠れにし夜半の月、怨みこそすれ情はなく

闍弥嵩 李 (とみたか すもも)

ホラー 休載中
30分 (17,600文字)

34 107

あらすじ

昭和四十二年四月一日。桜田八重子という十五歳の少女が紫門家頭首の息子、劉禅のもとへ嫁いだ。彼らは“百目教”というものを信仰しており、通称“百目鬼一族”と呼ばれていた。八重子が嫁いだその日、一人の下女に

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る