『BL』友情と愛狂(昭和初期の純文学風)

僕はこれを狂気と言わざるを得ない。

水戸けい

BL 完結 過激表現
15分 (8,810文字)

36 84

あらすじ

野々村の目が怖いくらいに底光りしていて、こいつはよほど僕の友情が離れるのを恐れているのだと思った。世間にちやほやされている作家の野々村に、これほど求められる人間は、他には居まい。そう思うと、なんだか愉

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2017/7/5