受賞

鳴響む

人ではない「ヒト」が、人の世を渡り歩いて――

水戸けい

2時間19分 (83,273文字)

14 29

あらすじ

人ではない「ヒト」が、人の世を渡り歩いて―― 荒寺にいつの間にか住み着いていた男が、気負う様子もなく、村の危機を救うと笑い、自分ひとりでは心もとないからと、村の少年をひとり、馬を一頭、共にして旅に出

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る