東天の三ツ星

平家によって焼亡した南都奈良。新しい時代を仏師運慶が力強い仏像で作り出す

0 4

2時間33分 (91,458文字)
この小説は、さいとうたかを氏の「天空をつらぬく轍 運慶」を読んで書きたいと思った物語です
あらすじ
感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品
その他情報
公開日 2017/7/14
この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る