遠い銀と紫の世界

不思議な夜に導かれて、僕は宙を走った。そして見つけたのは、竹林の宴。

1 11

5分 (2,561文字)
綺麗な夢をスケッチするように中華ファンタジーを書きました。竹林の賢人たちの楽しい宴へようこそ。

あらすじ

不思議な夜に導かれて足を踏み出すと、僕は宙を飛んでいた。 友人の白竜に手をふり、 詩を吟ずる美しい声に導かれて辿り着いたのは、 竹林の宴。

目次 4エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/8/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る