ツキヤホンポ

うさぎが! 立って! 歩いて! 喋った!

渡矢シキ

13分 (7,776文字)
「ようこそ月屋へ。この店の商品は、『記憶』です」

2 49

あらすじ

家々の間、路地にわだかまる暗闇、夜に沈む道のその先。 そんな場所で営業している店があった。 『月屋』 うさぎの店主が取り扱うのは『記憶』だった。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品