特集

㈱日本パイ投げセンター

パイ投げお仕事小説

赤梅 娯リラ

22分 (13,140文字)

48 265

あらすじ

日本パイ投げセンターに務めて三年目の三金草太は、いまいちうだつの上がらないサラリーマン。 仕事にこだわりはあれどどこか口下手で、後ろ向き。 同期の長内に感じる差が、後ろ向きを加速させていく。 そんな彼

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る