椿原さんちの押しかけ嫁・第6話

三人の男の子たちと関係しつつリュウの家に通う日々。眞名実の相反する日常。

タカヤマキナ

恋愛 完結 過激表現
1時間22分 (48,893文字)
三人組と流真、双方から綱引きのように引っ張られて戸惑い、迷う眞名実の回です。

11 36

あらすじ

前半がリュウとの普段の生活、後半が三人組との温泉旅行の話です。 どちらからも必要とされて満たされてると言えなくもないですが、心と身体が上手く一致しないずれが生じてるだけに、不安定で危うい状態と言えるで

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2017/12/15