神様の本屋

古ぼけた本屋を巡って喧嘩別れしたまま死別した父と息子の物語

黒谷丹鵺

22分 (12,758文字)
以前書いた「本の神様」に手を入れ直して改題したものです。

9 196

あらすじ

あらすじはありません

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る